小説パパ スピンオフ企画第8弾 社長室 長谷部

未分類
Google 翻訳(jetpack)

社長室に移動してきました長谷部 透です。ええ、最近それ迄いた解析班から社長室に移動になりました。スーツ代も会社持ちで3セット用意してもらいましたし、移動に関して不満はありません。解析班の時はカジュアルで狭い部屋にこもって作業をしていたことが多かったのですが、社長室に来てからは外出が多くなりました。現在は西新宿に新しく作ったチャーハン屋にずっといて営業を観ています。これは僕だけでなく社長もずっと駐在しているのでこの時期は仕方ないでしょう。

この秋は飲食店の出店ラッシュでして、この後高級御握り屋さんも改装中です。このお握りも試作の段階で味見したんですが具がデカくて文句なしなんですよ。ロケ弁の注文がやる前から入っているんでどれだけ大勢の人に食べて貰えるかも愉しみで仕方ありません。

今度の日曜日は社長のお供で初めて競馬場に言って来ます。社長はテストで使って次の東京コースの重賞で勝負だと言っていましたが、電車を乗り換えて中山競馬場に行くので応援してしまいそうですね。

この秋の出店ラッシュの後、社長は会社の近所に食堂を開店してくれるとの話だが、我々はこれを楽しみにしている。食堂が開けばもう近所のコンビニで飽きちゃった弁当屋カップ麺を買わなくて良いからだ。こちらは物件が手に入らない事で棚上げとなっているが、社長は何処かを見つけてくるでしょう。社員は2割引きだそうだから、毎日飽きないような食べ物を喰う事が出来るんだ。その後は社長室の仕事に戻り、毎日いろんな事に出くわすのさ。社長室ではITとそうでない仕事も出くわすけど、飽きないんですよ。正直面白いと思うんですよね。これは社長の仕事の運び方が強引で最短時間で最高の結果をモットーとしている事もありますが、そのやり口が強引で見てて男として笑っちゃうからですかねぇ。おっと社長の悪口は行けない行けない。今週末は叙々苑に連れて行ってもらいます。噂によると野菜がうまいそうで肉はもちろん旨いのですがサラダやチャプチェも旨いそうです。いつか自分もいつでも家族と一緒に叙々苑に行けるようになりたいです。此処の会社にいたらそうなれるでしょう。ギャラが良いからです。

前の会社はゲームを作って売れなかったら責任のなすりつけ合いでしたが今の会社ではそんなことはありません。移ってきてよかったと思っています。

皆さん、今後の自分の活躍にもご期待ください。ぐいぐい行きますよ。なにしろ社長室が自分の仕事場ですから。

コメント