大樹の今 手続き

未分類
Google 翻訳(jetpack)

朝が来て目が覚めた。僕は起きて自販機にコーラを買いに行き、毎日の日課であるラジオ体操をして、コーラを一口飲み、続いてランジとスクワットを3セットずつやった。もう体が慣れて来たので3セットでも平気だ。目的を持ってラジオ体操をやる様になってから、体のどこかに筋肉痛が出たものだが、今はもうそんな事も無い。

でも学校の先生たちはどうしてラジオ体操は体を動かすのに大事な事だから、手足を大きく伸ばして真剣に取り組みなさいと言わないのだろうかな。僕だって病院に入院しなければ今だって他の人と同じようにダラダラとラジオ体操をやっていただろうけど。

コーラの残りを持って病室に戻り、朝ごはんが来るまでの間に、スマホを出してラインの返事を書いて、ニュースを見た。仲の良い友人は遠くても一度お見舞いに行くよと言ってくれているが、合っても今は未だ上手く話せないのでわざわざ来なくて良いよと御断りのラインを送った。

そうしているうちに朝ご飯が来て、僕は振りかけを出してご飯を完食した。今日は食器を下げて貰う時に馳走様でしたと言ってみようと思い、練習してみた。「ごぉちそうさまぁでした。」「ごぉちそうさまぁでした。」言える。良し積極的に言うんだ。

少しして御飯の食器をヘルパーさんが下げに来たので僕は言った。「ごぉちそうさまぁでしたぁ。」ヘルパーさんは「まぁ川口さんご馳走様が言える様になったのね。偉いわね。」僕は偉いとは思わないが褒められたので少し嬉しかった。

その後看護婦さんが血圧と体温を測りに来た時も僕は「おぁよう」と進んで話した。看護婦さんは「おはよう、川口さん」と言ってくれた。

午前中の検診の前に吉田さんが段ボール箱を持って来てくれた。この時間に来てくれるのは珍しい。僕は「よしださん、おぁよう」と言ったら「お、上達してるね。その調子で頑張ってね。」と言われたので「はい」と答えた。

「今日はね、事故に遭った時にあった遺留品をね、持って来たんだよ。もう証拠としての調べも済んだしね、弁護士の北野先生が銀行口座や携帯会社の解約の手続きに必要だから持って来ておいてくれという事で電話があったんだ。必要も無いものもあるかも知れないけど、一応車内から発見されたものは全て持って来たからね。後で北野先生が来るそうだから、その時手続きのサインが無いと北野先生も何にも出来ないらしい。専門的な言葉で言うと委任状と言うのだけどね、それを作りに後で来るそうだから。後ね、振りかけの新しいのを買って来たからね。味が違うから交互に食べてね。」と吉田さんが言ったので僕は「吉田さんありぐぁとー」とお礼を言った。「じゃぁ後は北野先生の指示に従ってね。」と言って吉田さんは帰って行った。

その後直ぐに午前中の検診が始まったので僕は看護婦さんに連れられて歩いて行った。川口さんどうぞ。と言われて僕は診察室に入り、「しぇんしぇい、おぁよぅ」とこちらから挨拶した。先生は「うん、順調だね。体力的にも戻ってきたと聞いているし、この調子で話せる言葉を増やして行こうよ、きっかけがつかめれば、若い分グングン良くなるからね。」僕はノートに今朝はご馳走様が言えたと書いて見せた。「うん、良いよその調子で行こうね。午後はランニングマシーンを頑張ってみてね。バランス感覚も取り戻すのにも良いからね。」僕は「はい、しぇんしぇい」と答えた。これで午前の診察は終わった。

病室に戻ると病室の前に弁護士の北野先生が来ていた。僕は「きぃたのしぇんしぇい、おぁよー」と挨拶をした。北野先生は「吉田さんから聞いているだろうけど、委任状が必要なのでそれを書いて貰いに来たんだよ。と言った。」僕は「はい、しぇんしぇい」と答えた。

「銀行はキャッシュカードか通帳と委任状が必要だね。死亡届はもう預かっているからね、後は電話会社だけど、何処を使っているの?」「しょふとばんきゅ」と僕は言った。「じゃぁそちらもやっておこうね。それから生命保険の会社は判るかい?」僕は病室のベッドの横の引き出しからこの間来た保険屋さんの名刺を見せた。

北野先生は「ああ、此処ね。この名刺預かっても良いかい?」と聞かれたので「はい」と答えた。「後お父さんとおかぁさんのスマホも預からして貰えるかい?」僕は段ボールの中からスマホを出して渡した。「機種は写真とか個人情報も入っているので手続きが終わったらまた帰って来るようにするからね。それ迄預かるって事で了解してね。」「はい、しぇんしぇい」と僕は答えた。その後委任状に幾つかのサインをした後、北野先生は帰って行った。

北野先生が帰った後直ぐに昼飯になった。僕は吉田さんが持って来てくれた新しい振りかけの袋を開けてみたらのり玉が入っていた。嬉しい。これでカツオ振りかけと交互に食べられる。早速のり玉を振りかけてお昼ご飯を完食した。食器を下げに来たヘルパーさんに「ごちそうさぁまぁでした。」と僕と言った。

午後のリハビリの時間の時に僕は話せないでいるカ行とガ行の練習をした。んかぁ、んきぃ、んくぅ、んけぇ、んこぉ。んがぁ、んぎぃ、んぐぅ、んげぇ、んごぉ。前より良くなってきているから、繰り返して練習しようねと言われた。僕は「はい、しぇんしぇい」と答えた。

その後のリハビリ室ではラジオ体操をやり、ランジとスクワットを3セットずつ行い、トレッドミルで早歩きを15分やった。手を大きく振りながらやるので結構な運動となった。トレナーの先生には来週辺りから早歩きから、10分のスローランニングに強化して行くからね。と言われたので「はいしぇんしぇい」と答えた。体力強化の手続きも順調である。

コメント