大樹の今 準備

文化
Google 翻訳(jetpack)

 

 

 

朝がまた来た。僕はベットから抜け出し、歩いて自販機に向かいコーラを買って飲んだ。昨日よりフラフラは無かったな。今日のお昼は体操もやるんだ。段々と体力は戻ってき始めている。言葉も少しずついえる言葉を増やすんだ。真面目に取り組むぞ。今日はお風呂の日だ。やること満載だな。吉田さんにも会いたい。今日は来るかなぁ。コーラを飲んでベッドに戻った。もう直ぐ朝食の時間だ。ちっとだけ待っていたら御飯が来た。ふりかけを掛けて完食した。もうすぐ、検温と血圧を測りに看護婦さんが来る。何かおかしなことを言ったら何故?を言ってやろう。昨日言えるようになったからだ。

検温は業務的に行われ何故?は発揮できなかった。もうすぐ診察だ。

診察の先生は今日は「どこに」を後でやって貰う様にするからね。先ず、質問が出来れば後はノートで書けば楽だからさ。その内長い文章も練習するからねと言っていた。それから今日からは体操も入るからね。簡単な物からだけど、入院生活って結構体力落ちるからね。此れも少しずつ目標は君が言う通り自立だよ。焦らずにゆっくりと体力も戻してね。と言われたので僕はハイと答えた。もうハイは完全に言える。

午前の診断の後、お風呂に呼ばれた。以前は昼過ぎからが多かったが、今は、発声とリハビリに時間が掛かるから、この時間になったのだろう。車いすで移動したが自分で洗えるので一人でお風呂に入った。さっぱりして出て来ていたら、もう直ぐお昼ご飯の時間だ。

お昼ご飯は来たのでふりかけを用意して待っていたら、カレーライスだった。久しぶりのカレーは少し甘かったが、美味しかった。食後のゼリーも食べて満足した。

食後に吉田さんが来てくれた。お土産にふりかけを持って来てくれた。大樹君スマホを持って来たよと言われて、僕は僕のスマホに久し振りに触れたのだが、電源が入らない。バッテリー切れだ。病院の売店で買えるとしても、そんなにお金を持っていない。吉田さんにおとうさんもおかぁさんもお金を持ってたはずだけど、それはどうなるの?とノートに書いた。次に来るときに持って来れる様にするから少しの間、待っててね。と言われた。午後のリハビリの先生に相談してくるまでの間、チャージしてもらうように頼んでみるとノートに書いた。

吉田さんは今日来たのは事故を起こしたトラックの運転手の裁判がもう直ぐ始まるけど、行くかい?と聞いて来たので行くと答えた。でもトラックの運転手の方の会社の人は誰も此処に来て謝って無いと言ったら、被害者は未成年なので弁護士が決まるまで会いに行くなと伝えてあると言っていた。そうか弁護士が必要なのか。

吉田さんは親戚の人に頼めるような人はいなかったように見えたけど、誰かいるかい?と聞かれたので親戚の人はダメだと僕は答えた。いずれにしろ大きな金額の保険金が下りるだろうし、その時に弁護士さんが来るはずだから、その時に誰か適当な人を頼んでみた方が良いよ。

未だ、18歳に成るまで1年半くらいあるからね。青年になるまでは、弁護士さんに金銭の管理を担当してもらわないと、大樹君の場合保証人がいなくなるので、結構めんどくさい事になるよ。裁判には弁護士が出るけど、会ってみるかい?はいと答えた。じゃぁ、そういう風に頼んでみるよ。

本当はこうして大樹君と会って世話をする事は警官の仕事から外れていて担当外なんだけど、ウチの署長が家族全員が亡くなってしまったんだから、当分交通課で弁護士が付くまで担当しなさいと言われていたんだ。そうなんですか、吉田さんいつもありがとうとノートに書いた。

僕は吉田さんに昨日書いた、体力の向上、言葉の練習、上手く話せなかった時の通信制高校への編入、パソコン関連の仕事に就くために専門学校に行く、自立、積極的に治す。を見せた。吉田さんはそうか頑張るって決めたんだね。じゃぁ頑張ってね。と言って帰って行った。

リハビリの時間が来て先ずは発声の練習の言った。今日は何処にをやるって言っていたので秘かに練習していた。先ず言ってみる。に「おこに」に聞こえる。先生は舌を前歯の前の方に付けてお腹から発音してご覧と言うのでやってみた。「どぉこに」いいね、じゃぁ全部お腹から声を出す事をを意識してやってごらん。「どこに」よし、言えたね。もう一回やってみよう。「どこに」良し、だんだん覚える感覚が出来て来たね。あしたはもう少し難しくして「どうして」をやってみようね。じゃぁ、今日の分は練習しておいてね。良い調子になって来たからね。今日の分の発生の練習は楽に済んだ。上手くなって来たのかなぁ。

次は歩行と体操の練習だ。歩行はバーの間を手を使わずに歩けるようになったが未だふらふらしている。体操は出来ればラジオ体操が全部できるのが一番良いんだけど、急には無理だから、分解してやろうね。とトレーナーさんから言われた。足の筋力が落ちているのと、腰や背中のひねりを加えたものを何回か練習している内に30分が過ぎてしまった。入院生活の合間に練習すればトイレに行くときもふらつかなくなるから、足の体操と屈伸、腰の回転の運動も空いた時間にやってごらん。歩行がふらつかなくなったら、車いすは卒業だよ。と言われ嬉しくなった。

僕の準備は少しずつだが着実に進んでいる。頑張ろうと思った。

コメント