大樹の今 意思

未分類
Google 翻訳(jetpack)

 

 

 

朝になった。起きて直ぐにお腹が減った。今迄はこんなこと無かったんだけどなぁ。自販機の前まで行ってコーラを買った。ご飯の前にコーラを飲んでお腹を満たす。コーラを飲みながらここからは先生に説教的に話すぞ、と昨日書いたメモを見せるんだと結構強い意志みたいなものを感じた。吉田さんにも見せるんだ。病院内で出来る事をやっておくんだ。積極的に行くんだ。と思った。朝ごはんが来たので、また振りかけを掛けて完食した。トイレに行きながら少し体操もした。未だふらふらするけど、続けるんだ。続けるんだ。ベッドに戻ると検温と血圧を測りに看護婦さんが来た。僕は「あ!」と言って手を振った。まぁ川口さん元気ね。と言われたのでお腹から声を出して「はい!」と答えた。

なんか看護婦さんも忙しそうな中、嬉しそうだった。午前中の診察の時間が来た。僕は昨日書いたノートを大事に持って車いすで診察室に行った。先生は「外出はどうだった?上手く出来た?」と聞いて来たので「はい」と答えた。坊は昨日書いたノートを先生に差し出した。

○体力の向上

○言葉の練習

○上手く話せなかった時の通信制の高校の編入

○パソコン関連の専門学校か通信講座に行って将来の仕事にする

○自立

○積極的に治す

を見て貰った。先生はなるほど、外出して、積極的にこれからの事を考え始めたんだね。いいよ。意思が病気を治す例は枚挙にいとまが無いんだよ。リハビリには体力の方も加えて行こうね。良くなってきているけど、思うように話すのにはまだ少し時間が掛かると思うけど、その間、体操や体力アップのリハビリを入れて、車いすをなくすのを今週の目標にしようね。高校や、その先の勉強に関しては病院の方では何とも言えないけど、退院したら、自立だね。この件は判ったよ。そのうち、事故の弁護士が来ると思うから将来の事なんかはそちらで相談してね。病院は回復を目的としているからね。入院中に出来る事をやっておこうね。じゃぁお昼の後リハビリは2つに増やすから、今日からやってみてね。リハビリの先生にもそう伝えておくからね。良し、今日から頑張ろうね。と言われて診察は終わった。僕の言いたいことは判って貰えたみたいだ。

病室に帰って、お昼ご飯を食べて、早くリハビリに為らないかなぁと思って待っていた。お昼ご飯が下げられて早めにリハビリが始まった。僕は昨日書いたノートを持って行って、先生にも見せた。先生は外出の後積極的になったんだね?と聞いて来たので「はい」と答えた。先生は僕の書いたノートを観ながら、簡単な会話が出来るようになれるともっと具体的になるからね。先ず話せる言葉の数を増やして行こうよ。と言った。今週から難しくなっていくけど、長い文章はやらないからね。自立に当たっては何故?何?どうして?とかの会話が必要になるよね。

今週はこの何故?なに?どうして?を練習しようよ。今まで使わなかった口の動きが出て来るけど詳しく教えてあげるからね。じゃあなぜ?から行ってみよう。先ず先に行ってごらん。なぜ。「あで。

もう一回なぜ。「んぁで。」そうそういい調子。ぜは口を横に開くイメージでやってみよう。「んぁせ」そうそう。じゃぁ次は「ん」の前に舌を口の上に一回つけてからやてごらん。「なぁせ」もう一度「なぁせ」良し良いぞ、今度はせを言う時に口を横に広げながら下あごも出す。これでせはぜに変わるよ「なぁぜ」。良し良いぞもう一度「なぁぜ

良いぞ良いぞ、こんどはもっと早口でぁをはぶいてみよう。「なぜ。」「なぜ。」良し出来た。後で何度も練習してね。よしやったぞ。大樹君。今週は後2つをやる。なに?と如何して?だ。此れも出来れば僕とあなたもやるよ。いいね、時間がある時に反復練習をしているとその内口の形を意識しなくても話せるようになる。午後のリハビリでは体操を少しずつ導入して行こう。じゃぁ明日ね。明日はなに?をやろう。

よし、今日のリハビリで何故が言えた。明日からも毎日、1つずつ正確に覚えるぞ。「なぜ、なぜ、なぜ、」良し後で又やろう。リハビリに呼ばれた。運動のリハビリは初めてだ。僕はノートを見せて、体力の向上と自立と積極的に治す。を指さした。担当の先生は「あーなるほど積極的ですね。では今日は30分歩行の練習をしましよう。」「車いすから歩くには突然スタスタは歩けませんので、この2本のバーの間を手で支えてゆっくりと歩きましょう。先ず1往復。行ってみましょう。」僕ははいと言ってやってみた。多少ふらふらするが手でバーに触れていれば出来なくもない。復路は出来るだけ手を使わずに歩いてみた。未だ平行感覚がいまいちだが、ゆっくりなら歩ける。ようしバーに触れないように歩くぞ。

バーに手を掛けずにゆっくりと手を降ろしてそろりそろりと歩いてみた。いける。復路もバーに手を掛けずに歩いた。もう少し足に力を入れてまっすぐに歩いてみよう。うん、よたよたとしているが歩ける。復路は背を伸ばして歩いてみた。よたよただが猫背にならなくて歩けた。もう1周。背筋を伸ばし手を振りながらゆっくり歩く。ほぼ真っ直ぐに歩けた。最後の復路だ。背を伸ばし手を振ふって足に力を入れて歩いた。まぁ、こんなもんだろう。「はい川口さん良く出来ましたね。フロアの移動はまだ車いすが必要だけれど、フロアでトイレとかはもう歩いて行って良いよ、うん。大丈夫。あしたもやろうね。」と言われたので僕はノートに体操もしたいと書いた。「うん、判った。あしたから体操も入れようね。じゃぁ今日はこれでお仕舞。」何か少しだけ目的が達成出来た気がして嬉しかった。

晩御飯にふりかけを掛けて完食した。今日は吉田さんは来なかったな。来たらノートを見せてリハビリと退院に向けての準備に入った事を伝えたかった。

 

コメント