日本でしか人気が無いハンバーグステーキをどうぞ

食べ物
Google 翻訳(jetpack)

ハンバーガーは世界中で食べられているのに、何故だかハンバーグステーキは日本人にしか人気が無い。日本人は小さい子供からおじいちゃんおばぁちゃん迄好んで食べるのに、外国人は其の事すら知らない。以前から不思議だなぁと思っていたので今回紹介することにした。

ドイツのハンブルグで生まれたこのタルタルステーキは例によって日本で独自の変化をして、現代に至る。アメリカ人が好むハンバーガーはビーフ100%でバンズと呼ばれるパンに挟んで食し、マクドナルドや、バーガーキングの存在で世界中の知るところとなったのだね。

硬い肉を好む西洋人にはこのハンバーガーが気軽で安いし、もっと牛肉を食べたい時はステーキを注文するのだから、このハンバーグステーキは人気が無いのも判るのだが、基本的に日本人は硬いものが嫌いなのだ。噛み応え bite response があって美味しいという概念が存在しない。だからあれこれと工夫してご飯が美味しく食べれるような進化の仕方をしていったのです。

さてこのハンバーグステーキの作成工程には多くの工夫の余地があるので各店独自の美味しさが、個性が出て来るのです。先ず肉なのですが赤身肉100%か否かとか、合い挽き肉を使うか使わないかとか、玉ねぎを入れるか入れないかとか、入れる玉ねぎを炒めるか炒めないかとか、卵を入れるか入れないかとか、つなぎにパン粉を入れるかどうかとか、そのパン粉を牛乳で柔らかくするとかしないとか、パン粉ではなくパンをちぎって入れるとかどうかとか、最新のネタではパン粉の代わりにお麩と寒天と使うかとか、まぁ拘ればキリが無いのですね。

更にソースによって味が大きく違って来ますね。老舗の洋食屋さんなどでは茶色系のソースを使う事が多いのですが私は、あっさりとしたトマトソースかバーベキューソースが好き等と、人によって好みが変わってきます。

いずれにしてもご飯似合う事が人気になる様で、外食産業等ではハンバーグを制する者が外食産業を制するともいわれていた時期もありましたが、家庭のおかずとしても人気なので、家でも外食でも人気商品となる珍しい人気者となっています。

画像提供元 photolibrary

日本人の大勢に人気なのですから日本中で食べられますが、我が町渋谷で人気なお店を少し紹介しましょう。

○ゴールドラッシュ渋谷本店

○山本のハンバーグ渋谷食堂

○俺のハンバーグ シュシュ渡辺

○大人のハンバーグ渋谷

○三浦のハンバーグ渋谷店

○つばめグリル渋谷マークシティ店

○ステーキのくいしんぼ渋谷センター街店

等ですね。じつはもっと書ききれないほどのお店は渋谷だけでもあるのですが近くに行ってみたら行ってみてはいかがでしょうか?

今回は日本人が当たり前だと思っていても世界的にみるとこんなにハンバーグが人気なのは日本だけな事を知って頂きたくて敢えて記事としてみました。来日したら一度は試してみてください。

 

柴田満月

コメント