俺の横浜観光

文化
Google 翻訳(jetpack)

若い頃、俺は興味本位で日本全国を旅した。元々東京人だし、高校は横浜の私立に越境入学していたこともあり、この街にも拘りがある。事実半年ほど、伊勢佐木町のホテルに半年間位住んでもいた。俺の住む街は、皆一様に繁華街である。都会人の俺にとって自然が美しいからそこに行くという概念は持ち合わせていない。要は欲しいものが手に入る魅力的な街かどうかが、その滞在の長さを決めていた。

今回横浜と言うテーマが漠然とあったのだが、どうせなら俺の知っている横浜観光案内をしようと考えた。

東京方面から車で行くことを先ずお勧めしない。小さい子供がいるならそれも仕方が無いことなのだろうが、間違いなく渋滞して駐車場が少ない。駐車場の移動にもべらぼうな時間が掛かるのでそこいら編をご理解頂きたい。東横線での移動をお勧めする。

さて、東横線のどこで降りるかで流れが大きく変わってしまうので、俺は、横浜で降りることをお勧めはしない。横浜駅の周りの商店街と、高島屋とそごうで概ね必要なものは手に入るのだが、これでは観光にならない。俺のお勧めスポットの多くはみなとみらいエリアにあるので馬車道で降りることをお勧めしたい。

先に俺が行ってつまらないところとその理由を書いて行く。異論があればそれも正論だと思うが、目線が渋谷人なのだ。ご理解頂きたい。

イマイチな所

〇ランドマークタワー 建物はでかいのだが上の階はホテルだのオフィスなのである。テナントの充実さが無い。高いところが好きな人は行けばいいのだが、俺は高所恐怖症なので行く意味が無い。

〇ビブレ 昔からある所業施設なのだが、正直横浜らしさに欠けるきらいにある。映画館も併用しているらしいが、安くてダサい来年切れない服を売りまくっている姿勢が気に入らない。俺はここのフードコートも魅力を感じないので、一般人には無難なモールだが、プロには魅力的だとは思えない。

〇赤レンガ倉庫 いったい何をしたいのかが良く判らない。変なものばかり売っていて、食べ物も美味しくない。昔はハム屋が屋やっているサンドイッチを喰いによく行ったのだが、そこもなくなって俺は喫煙所だけを利用する。

〇元町ショッピングストリート 山下町で降りててくてく歩くのだが、昼間は只の商店街であり、目新しく欲しいと思うものも無い。シャツ屋の良いところが一軒だけあり、俺はそこでシャツを買うためだけに利用する。他は一切見ない。横浜名物の菓子屋というのがあるのだが、出来が悪いし、買いたいとも思わない。

〇アンパンマンミュージアム 子供の為のコンテンツなはずなのに行くたびに子供がギャーギャー泣いている。ちなみにディズニーランドではみない光景なので、コンテンツ的に子供が面白くないと思っているのだろう。この辺は親が子供の適切な年齢を錯覚している事にも原因がある。

 

では次にお勧めのスポットを紹介する。

〇横浜中華街 問題は何処で何を食べるのかなのである。バイキングでいくらの形式をとる店も数があるが名店を予約するのか、人気の店に並ぶのか俺の様に横丁を入った中国人向けの店に入るのかで目的が変わってくるのだが、豚まんで済ますのもありだ。勿論昼のうちに行く事を前提としており、晩飯で旨いところとなるとガイドブックに頼ることになる。俺の経験では、大して旨くないのに6千円とかが一番馬鹿らしいと思う。問題は以前言ったお店が美味しかったので又言ったのだが、話にならないほど旨くないと言った事が、旨く平然と起こるのである。やはりガイドブックの必要性を感じる。

〇山下公園 ここが昔からの横浜の典型であろう。海があり、公園がある。人は急がなくても良いし、ゆっくり時間が過ぎて行く。行く俺はこの横浜の海と鎌倉の海と、須磨の海が好きだ。ぼぉ~としたい時には良く行った。シーバスを使うとベイクオーターまで行けるのも、アリだ。

〇カップヌードルミュージーアム これは裏技だろう、自分の好みのカップヌードルが作れるのだ。俺はカレー味かトムヤムクン味くらいしか食さないが、ここには一目置いている。子供たちが楽しそうなのだ。今度行ったら俺の好みを30個くらい頼んで関係者に配るのもありだと思う。例えば、カレー味謎肉の増し増しとか。出来ません等と言われたら徹底的に揉めて目的は果たす。これが俺だ。

〇マークイズ ここは家族向けでもありながらも、いいテナントが揃っている。食べ物も美味しいし、みんな愉しそうだ。遊べる程度の子供を含めた家族をターゲットにしていることも評価できるし、おしゃれで安い物から、高い物迄結構そろっている。地下鉄直結も良いし、俺のお勧めスポットである。

〇マリンアンドウォークヨコハマ 最も新しいスポットであり、実は俺も行ったことは無いのだが、1時間ほど調べて掲載を決めた。少し高いが良いテナントばかりなので富裕層向けの物件となるだろうが、青山で買えるものが横浜にあるのはいいじゃないの。別に買わなくてもおしゃれな気分になれるのだ。行ってみる価値があると踏んだ。

また横浜は別な顔も持つが、今回は夜電車で帰って来ることが出来るガイドとした。横浜の件はたまに別な顔を持つ事も以降の記事で書いていこうと思う。

読者の案内に為れれば少しだけ嬉しい。

 

柴田満月

コメント