民泊で訪日する方へ第2話デパ地下へ行ってごらんよ

文化
Google 翻訳(jetpack)

民泊で訪日なされる方への第2弾はデパートの地下街で食料品をかってみようよ!という事になりますね。デパートで売っている物はワリカシ高めなのだが事食品に関すれば、レストランで食事するより安くて、上質で美味しい物ばかり売っていて、その売り場も広くてでかい。

多くのお店が出店しており、和菓子、洋菓子、各種お総菜、お弁当、その他、魚や肉や野菜の原材料などに分類されている。

民泊でキッチン付きの物件をこちらは想定しているので材料から仕入れて、各自好みのものを作るのもありなのだが、今回はお総菜とお弁当にフォーカスを当ててみたいと思う。

お総菜と言うカテゴリーには、いわゆるオードブルの様なものからメインディッシュに当たる物迄幅広くあり、どの店も総じて美味しいのだ。この美味しいという条件をクリアできなければ、デパートには出店できないのだ。これが第一条件なのね。だからどの店で購入しても変なレストランよりハズレが少ないんだ。おおくの日本人はサラダ系のお総菜を量り売りで買ったり、チキンや焼き鳥やハンバーグなんかの様にご飯のおかずになるものを買ったりしている。

勿論お刺身やお寿司も売っているし、なんでも好きなものを買って御覧。宿に帰ったらレンジでチンして美味しく食べれるからね。

画像提供元 syumi-omosiro.bulog.jp

写真は日本で人気のRF-1という人気お総菜やさんを選んだ。サラダから肉料理まで全てが美味しく全国のデパートに入っているからだ。

さて晩御飯の量が西洋人の方は俺的には多く感じる。日本人と比べるとね。その場合はお弁当も買ってみようよ。お弁当と言う文化のない国は結構多いのだが、最近になってヨーロッパの方で日本のお弁当が大人気となっており、昼間のパリなどでもオフィス街で売られている。フライドチキンのお弁当が一番人気だそうだが、リアルな和食のお弁当も売れていると聞いた。

和食系のお弁当の特徴としては、小さなおかずがいろんな種類入っている形式を取ってはいるのだが、今回は皆さんがイメージしやすいようにステーキ丼の画像を使用した。総じてデパートで売っている弁当でまずいのもは無いから、あとはあなたの好みでお好きなものを選んでいいと思う。

さて、では何処のデパートの食料品売り場が良いかと聞かれれば、先ずは銀座の三越、新宿3丁目の伊勢丹ではないだろうか?まぁ、他にもデパートはいろいろあるので各人が行ってみてお気に入りを見つければよい。

日本にいる間に2回はデパートを経験してもらいたいのだ。尚このシリーズの3弾はデパートのお菓子について書く予定でいる。愉しみにして頂きたい。

柴田満月

コメント